〜カーテン用語集1〜

カーテン用語集1

カーテンに関連する用語集を紹介したいと思います。

ア行

Aフック

カーテンのフックの形状で、天井付け用、もしくは装飾レール用のフックのこと。

アート&クラフト

英国で、ジョン・ラスキンやウィリアムモリスらがビクトリア期の様式の混乱と機械による大量生産を批判し「中世のクラフトマンシップに戻ろう」と提唱し起こした運動のこと。

アールデコ

1920〜30年代に流行した、直線や円弧などの幾何学形態を特徴とする装飾的な様式のこと。

イタリアンロココ

ベニスで発達した、バロックの延長上のスタイルのこと。フランスのロココの優雅な曲線を極度に強調した形に特徴があります。

インテリア

室内装飾のこと。家具や壁紙、クッション、カバー類、マット、オーナメントなどのインテリア・アイテムを用いるため、それらの総称としても使われます。

ウィンドウトリートメント

窓装飾。カーテンやシェード、ブラインド、スクリーンなどで窓を装飾すること。またはそのアイテムの総称を指します。

ウエイトテープ

カーテンの裾に取り付けるテープのこと。ヒダを美しく見せたり、落ち着かせたりする役目があります。

ウォッシャブル

家庭用の洗濯機で丸洗い可能なこと。収縮率が少なく、色落ち・褪色がしにくいです。

うちのり(内法)

開口部などの内側の距離のこと。

ウッディ

レールメーカーTOSOの木製レールの名称。総称して木製レールの事を示しています。

エンブロイダリーレース

日本語の造語で、エンブロイダリーは刺繍、主に裾に刺繍が入ったレース生地のことを示しています。

オーガンジー

シャリ感のある薄手で透明感のあるレース、綿やポリエステル素材のこと。ボイルレースと同意味で使われる場合が多いです。

オーストリアンシェード

ゆたかなウェーブを作りながら上がっていく豪華なスタイルが特徴のシェードです。

オーダーカーテン

窓のサイズ、ヒダの量など、好みに合わせて生地から作成するカーテンのこと。(⇔既成カーテン)

オーバーロック

オパールプリント

生地の名称で、レース状の透ける部分と透けない部分とで表現した生地のこと。

カ行

カーテン

光、温度、音の調整、遮へいなどの機能的な役割に加え、室内装飾などに用いる窓掛けの総称。

カーテンアクセサリー

タッセルや房掛け、カーテンホルダーなど、カーテンをより機能的、演出的に補助するアイテムのこと。

カーテンウェイト

カーテンの裾のまくれ上がりを防いだり、ひだを美しく出すために裾の折り返しに入れる重しのこと。

カーテンレール

カーテンを吊るためのレールのこと。天井付けのレールや、正面付けの装飾レールなどがあります。

カーブレール

出窓など、窓の形に合わせて曲がったカーテンレールのこと。

カスケード

幾重にも折りたたんだヒダが滝のように段をつくって落ちるたれ飾りのこと。米国ではスワッグともいいます。

片開き

一枚のカーテンを窓枠の巾に吊ること。片方のサイドに寄せて開きます。

カットパイル

ベルベッドやベロア生地のように、パイルの頭をループ状に残さずにカットしたもののこと。

カフェカーテン

窓の途中に目隠しの高さに取り付けられた短い丈のカーテンのこと。主につっぱり式のポールに通して取り付けられます。カフェの窓に使ったことに由来しています。

機能カーテン

遮光、ウォッシャブル、制電、抗菌、防汚など、特殊な機能を持ったカーテンのこと。

ギャザーテープ

ギャザーひだを取るためのテープのこと。カーテンの上部裏面に縫い付けてひもを引くだけでギャザーが作れます。

キャノビー

ベッドの頭上やまらりを飾るファブリックのあしらいのこと。もともとは、寒さを防ぎプライバシーを守ること。

クロスオーバー

2枚のカーテンの吊元を中央部分で深く交差させて、タッセルで飾ったスタイルカーテンのこと。

ケースメント

生地の種類で、厚手のドレープとレースの中間的なもののこと。1枚吊にて使われる場合が多くあります。ドレープより薄くレースよりボリュームがありザックリとした粗目です。

サ行

サッカー

縦方向にストライプの凹凸を出した平織りの繊維のこと。

サテン

元来は素材が絹ですが、今ではレーヨン、アセテートナイロン、ポリエステルなどの素材の朱子織で、糸の細さでつやのある生地のこと。

シェード

光の調整、遮へいを目的にしたもので、上下に開閉する機能をもったものの総称。布素材(ファブリクス)を使うため、さまざまなイメージを演出することができます。

うすく、粗い織り目の織物のこと。

シャープシェード

バーが入っていて、くっきりした横のラインが出るシェードのこと。

ジャガード

ジャガード織機で織られるあらゆる織物生地のこと。ジャガード機は紋紙というパターンカードを用いて縦糸を操作し、自由に装飾性のある模様をつくることができます。

遮光

光を遮ること。窓装飾では、裏地を使ったり、二重吊りにしたりして遮光します。遮光機能を有するカーテンには、JIS-L1055A法に基づいた試験方法で、遮光率の高い順に1級(99.99%以上)〜3級の基準があります。

正面付け

カーテンの場合は、Bフックを使い、カーテンレールが見えないようにすることを指します。シェードやブラインドなどの場合は、窓枠の正面や壁面に、窓枠を覆うように取り付ける方法を指します。

セパレート

数本に分割されているロマンティックなスタイルのカーテンのこと。

センタークロス

2枚のカーテンが中心部で固定されているもののこと。左右均等に柔らかい曲線ができます。

pickup

自動車教習所を千葉で検索

最終更新日:2018/12/21